レンタル携帯で便利ライフを叶える|日頃のもしもしをスムーズに

電話している女性

固定電話を利用する理由

案内

現在では携帯電話などの携帯できる電話が幅広く普及する様になったため、多くの家庭で固定電話を使用しなくなっていると思われがちですがそうではありません。現在でも需要がある固定電話について知っておきましょう。

View Detail

電話サービスについて知る

電話

固定電話が不要になった際の手続き

固定電話が不要になった際には電話会社へ連絡すると思います。その際に電話加入権を持っている場合には休止という扱いになり、電話会社で電話加入権を預かるというシステムになります。加入権利がないプランもあるのでオペレーターの人に確認しましょう。休止の手続きをした際には休止票のハガキなどの送り先を確認されるためきちんと届く住所を伝えるようにしましょう。そのハガキには休止番号というお客様だけの休止で預かってますという番号が記載されています。その番号は再度電話を利用した際に電話会社へ伝えるとその電話加入権利を利用して電話を再開する事ができるのです。しかし注意したいのは電話番号を預かっているわけではないので再開の際には別の番号になる事を覚えておきましょう。最近では、携帯電話に関するサービスなども充実していて、レンタル携帯などもあるので不用になった際の手続きや利用再開の手続きについてしっかりと知識を身に付けておきましょう。レンタル携帯では、仕事用として分けることが出来る他にも海外旅行時に使用するなど多彩なシーンで活用することが可能です。

休止後の電話加入権について

休止している電話加入権利は基本的には5年ごとの更新になります。あくまで電話会社で預かっている連絡先などの情報は休止した際の情報なので引っ越しや連絡先がかわった際には連絡するのがよいでしょう。預かってくれている地域にもよるかと思いますが、10年間連絡がなくても電話会社は預かっていてくれます。10年何の連絡もなく過ぎてしまうと電話加入権利がなくなる事もあるようなので注意しましょう。例えば休止したのが平成20年だとして休止を延長したいと連絡したのが平成23年だとしたら連絡した平成23年からまた5年後と言う風に更新されますので、だいたい5年たったかなという時に電話会社へ連絡して確認してもらうとよいでしょう。その際にも休止番号は必要になるため大切に保管しましょう。日頃のもしもしをスムーズにすると、仕事でもプライベートでも思う存分に活用していけるはずです。

電話加入権に関する事情

スマートフォン

電話加入権がなければ電話回線を自宅に導入する事が出来ないのは昔の話で、現在ではインターネット回線などを利用する事によって一般家庭で電話を導入する事が出来る様になっています。

View Detail

情報を入手する

電話

電話加入権とは、一般にはNTTの固定電話を付けることのできる権利のことです。施設設置負担金を支払うことで得られる権利ですが、正式な名称ではありません。なので、しっかりとした知識を身に付けましょう。

View Detail