レンタル携帯で便利ライフを叶える|日頃のもしもしをスムーズに

電話中の女性

電話加入権に関する事情

スマートフォン

固定電話の歴史について

昔は電話加入権利がないと個人用も法人用も電話回線を引き込む事はできませんでした。日本で電話のサービスが始まったのは1890年と言われています。最初は長距離電話などはなく東京と神奈川間で利用されていました。その9年後に日本でも長距離通話ができるようになったと言われています。その時に全国の電話加入者は1万人を超えていました。1899年から1941年までには電話は急速に普及して100万人を超える人が電話を利用していたと考えられています。一般家庭用の電話機黒電話も普及し始めて1971年頃にはホワイト、グレー、グリーンのカラー電話機も利用できるようになりました。黒電話機が急速に普及し始めてから70年もたっていないのです。

電話加入権が不要な時代

電話の進化は急速で今では黒電話を利用している人、固定電話を電話加入権利を使って利用する人も非常に減ってきています。電話会社が複数存在してきた事やインターネット回線の急速な成長が固定電話を遠のく理由の一つです。しかしインターネット回線用の電話などはとても便利な分ルーターなどの機器を通じて利用しているため停電などの際には利用できなくなったりしますが、その点固定電話は停電時などにも利用できるのが特徴です。他の電話会社やインターネット回線用の電話にした場合には従来の電話加入権利は不要になります。その場合には電話加入権利がなくなるわけではなく電話会社で預かってくれることになりますので再度利用したい際にはその加入権利を使って電話をひく事ができます。