レンタル携帯で便利ライフを叶える|日頃のもしもしをスムーズに

電話中の女性

固定電話を利用する理由

案内

固定電話という言葉について

固定電話は携帯電話の対義語で、住宅やオフィスなどに固定して設置する電話のことを指します。携帯電話が登場したのは1980年代のことで、それ以前は電話といえば特定の場所に配置される固定電話のことを指していました。しかし1990年代以降は急速に携帯電話が普及し、今や一人一台という程度にまでその数を増やしています。このため固定電話を取り払うケースも多くなっていますが、それでも固定電話の需要は根強く残っています。ひとつに固定電話のメリットは携帯電話と異なり地域別の番号が振られているので、特定の地域の電話回線を有しているということが一種のステータスになるためです。また従来どおりの固定電話は電気の供給を電話線から行っているので停電時にも利用できるメリットがあります。

今後の電話の需要について

固定電話の需要は存在し続けるものの、携帯電話が一般化したことにより数は減っていくものと考えられます。また従来どおり、NTTが提供している電話は維持費が高いといったデメリットがあり、設置するためにも電話加入権が必要なケースもあり、この場合には電話を敷くだけでも数万円の出費となります。そのため、インターネット回線を利用したIP電話が新しい固定電話として普及しつつあります。IP電話ではデジタル回線を利用して通話を行うので電話料金が格安で携帯電話よりも安いメリットがあります。ただし、IP電話のデメリットとしては停電時に利用できないといった点や一部NTTが提供しているサービスが利用できないといったものもあります。